ライズ&ロッキーハイブリッド 認証不正後の納車最新情報【2023年12月20更新】

当ページのリンクには広告が含まれています。

2023年12月20日現在:受注はすべてキャンセル
ハイブリッド・ガソリン車もともに受注停止中。
排ガス認証に関しても不正があったことを認め、出荷終了分含め全64車種が出荷停止。

日経新聞にも情報が掲載されました

共同通信にも情報が掲載されました

目次

【NEW!】全車種出荷停止(2023年12月20日更新分)

生産終了分を含め全64車種の出荷を停止。
ライズ&ロッキーで発覚していた衝突試験だけでなく、排ガスの認証手続きなどにも不正は及んでいたとのこと。

ダイハツ名義の車種はもちろんのこと、OEMとしてトヨタやマツダへ提供している車種も同様に出荷停止となる。

どんな問題?

2023年5月19日、ダイハツはロッキーハイブリッドならびにOEM車のライズハイブリッドにおいて、認証手続きに不正があったとして同日付で販売・出荷停止しました。
同月26日、不正があった箇所の社内試験結果を公表。法規基準を満たしているとのアナウンスがあってから、現在(2023年10月14日)まで何のコメントも正式発表もありません。

当ブログでは「ライズ 納車」というキーワードで検索していただける方が多く、それだけたくさんの方が最新情報を求めている状況です。

そこで、各SNSやWEBサイトから納期の噂を集めてみました。

SNS情報

NEW!(2023年10月12~14日投稿分)

https://twitter.com/gumi_gumi_gun/status/1712709688473903407

国交省からの返答

何も進んでない?

補償は?

現在のところ納期遅れに対する補償に関して、一切のコメントも発表もありません。
SNS等ではサービスしてもらった等の口コミをたまに見かけますが、おそらくそれはメーカーではなくディーラーのご厚意によるものと思われます。

最新納期は?

この問題が長期化し解決までの見通しがたたないため、一度全注文をキャンセルとするとの連絡が各ディーラーにあったとのこと。注文者への補填や補償は各ディーラーによって対応が異なると思われます。

ガソリン車への切り替え注文が増加したため、現在ガソリン車も受注停止中とのこと。

今後はどうなる?

扱いやすい5ナンバーサイズで人気のSUV、販売ランキングでも上位になっていた人気車種なので、完全廃盤はないと予想します。
解決までには数年を要すると思いますが、解決次第マイナーもしくはフルモデルチェンジとして再販するのではないでしょうか?

当ブログ予想:数年後にマイナーアップデートにて再販

新しい情報がわかり次第随時更新していきます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次